コンテンツ一覧

高い合格率に関して

施術

偏差値に比例しない

理学療法士の国家試験に関しては、高い合格率だとされています。平均すると80%近くは合格しています。近年では、受験者数が増えているということもあり合格率は下がっています。この高い合格率に関しては、国家試験が易しかったり簡単であるからという理由では無いということがはっきりとしています。合格率が高いということには受験資格があるということやしっかりと受験者は勉強してから挑んでいるということが関係しています。理学療法士の国家試験は、専門性があり難易度はかなり高いとされています。ただ、しっかりと専門の教育機関で勉強している人達が受験しているということから合格者が出やすい仕組みとなっています。また、偏差値が高い大学の方が合格者が出やすいという意見もありますが、実際にはそんなことは無いということがデータで立証されています。偏差値がいくら高くても国家試験対策をしていなければ理学療法士の試験に合格する可能性はかなり低いものとなっていきます。偏差値がそれぼと高くなくても合格率の高さで定評がある大学はたくさんあります。理学療法士の試験を受験するということであれば、専門的な受験対策をきちんと立てておくということが必須のポイントとなっています。また、既卒者と現役が受験することも多い試験ですが、ほとんどの合格者は現役となっています。新しい知識などを覚える必要性もありますし、専門的な受験対策をしてその年の試験を受けている現役は既卒者と比較すれば有利でもあります。