コンテンツ一覧

資格を取るための選択

マッサージ

夜間コースもあります

理学療法士はけがや病気によって体に障害を持った人にリハビリを行うため、サポートする専門家です。理学療法士は大学に通って資格を取るか、専門学校に通って資格を取るかの2つの選択ができます。大学に通うのであれば、理学療法士についてのこと以外の勉学も習得が必要になりますが、国公立の大学であれば学費を安く抑えることができます。専門学校に通うのであれば、理学療法士のみの授業となりますが学費がなかなかかかるものとなります。理学療法士を目指そうとする人の多くは高校を卒業してから進学しますが、中には社会人となっている人もいます。社会人の中には、仕事をしながら学校に通おうとすることもあります。しかし仕事をするのであれば、なかなか昼間に学校に通うことが難しくなります。そのような人のために、夜間コースを用意している専門学校もたくさんあります。昼間のコースは3年のところが多いのですが、夜間に通うとなれば4年学校に通って学ぶところが多くあり、立派な理学療法士になることができるよう専門的な授業に取り組んでいきます。理学療法士は、資格を取ることができれば就職に困ることはほとんどないといわれているほど就職率が高くあります。たくさん稼ぐ職業ではありませんが、生活に困ることはないほどの稼ぎはあり、安定しています。人の役に立ちたい気持ちを持ちながら、安定した職業に就きたいと考えるのであれば、理学療法士は良い職業となります。