コンテンツ一覧

リハビリの専門家

男女

患者と向き合う仕事

理学療法士という職業は、リハビリステーションの専門職といわれており、病気や怪我などで身体に障害を負った人の基本的な動作能力の回復や維持、そのほか悪化しないようにする予防など行う医療の1つです。医療や福祉分野のほか、スポーツ医療やトレーナーでも活躍されていることがあります。その理学療法士は専門学校で学ぶことができます。専門学校で学べば、理学療法士に着いて集中的に学ぶことができ、専門家の知識を十分に習得することができます。しかし人によっては、大学よりも就職率が低いのではないかと心配する声もありますが、大学と専門学校とでは就職率に違いはほとんどなく、しかも多くの人が職に突くことができるといわれています。それだけ必要視されている職業でもあり、社会人の中でも理学療法士に転職しようと学校に通う人がいます。理学療法士に向いている人は、人の役にたちたい気持ちを持っている人、コミュニケーション能力が高い人、そのほか体力に自信がある人が向いているといわれています。リハビリを行う患者と向き合わなければなりませんから、社交的なところがなければ患者に不安や不快感を与えてしまうことがあるため、コミュニケーション能力はとても大事なスキルとなります。常に患者の心に寄り添うことができるように、人の役にたつ気持ちを持つ意識が要されます。そしてリハビリには体力が必要です。体力がなければ患者の体を支えることができません。様々な要素をそろえながらスキルを習得することで、理学療法士になることができます。