コンテンツ一覧

医師のジム作業をサポート

女の人

特別な資格はありません

医療機関では様々な仕事が行われていますが、治療や診察はもちろん、事務作業も大事な仕事となっています。医療関係の事務を行う仕事としては、医療事務がよく知られていますが、最近は医師事務作業補助への注目も高まっています。医師の仕事は診察や治療だけではなく、診断書の作成や電子カルテへの入力、処方箋の作成、検査予約など事務的な作業も実に多くあります。そこで、医師が医療業務に専念できるよう、厚生労働省は医師事務作業補助の配置を病院の評価項目に追加することとなりました。医師事務作業補助はドクターズクラーク、医療秘書、メディカルクラークなどとも呼ばれており、医師に代わって診断書などの医療文書の作成代行、さらに電子カルテへの入力などの業務を医師の指導に従って行います。医療事務と似たイメージもありますが、医療事務の場合はレセプト請求業務が主な仕事となっており、受付や会計業務も行います。それに対して、医師事務作業補助はそうした業務は行わず、医師の補助作業のみを行うという違いがあります。医師事務作業補助になるには、特別な資格が必要というイメージもありますが、必要な免許や資格などは特にありません。資格は特に必要なく働くことができますが、院内での研修が必要となります。とはいえ、やはり即戦力として働くためには知識を身につけておくほうが有利ですので、専門のスクールで学ぶことも考えてみてはいかがでしょうか。そして事務ではパソコン作業もありますから、やはり医師事務作業補助として活躍するためにはパソコンスキルは身につけておきたいところです。スクールではパソコンが学べるかも確認しておくことがおすすめです。医療事務とは全く違うものですので、スクールを選ぶ際も混同しないよう注意したいところです。