コンテンツ一覧

はり師やきゅう師を目指す

鍼灸

体についての知識は大事

東洋医学の主軸となっている鍼灸は、未病の状態を回復に導く、つまり大病を防ぐ医学として世界中で注目されています。西洋医学のように難易度の大学に合格しなくても学べるためか東洋医学及び鍼灸であればすぐに勉強できそうだ、と考える人も少なくないですが、医学であることに変わりはありません。患者さんの体に起こっていることを診断し治療に当たるという点においては西洋も東洋もなく、ましてや高精度の機器を使うわけではないので、ことさら人間の体に精通している必要があります。鍼灸を患者さんに施すには、はり師やきゅう師の国家資格が必須です。資格を取るには、はり師やきゅう師の養成過程を設けている専門学校や大学などで学び、受験資格を得てから国家試験に挑むのが一般的な流れです。専門学校の多くが3年制となっており、4年制大学や短大もわずかにあります。また、江戸時代以前から視覚障害者であっても鍼灸ができる方法が確立されていたため、現在でも多くの盲学校でのはり師やきゅう師の国家資格が取れるようになっています。鍼灸を学ぶカリキュラムの基本は、基礎はり学及びきゅう学や臨床はり学及びきゅう学などです。それに加えて人の体の構造や機能を学んだり、疾患の成り立ちやその予防、回復方法などを学んだりして、一人一人に適した治療が施せるような知識を得ます。鍼灸以外にあん摩マッサージ指圧師の国家資格を取れる学校であれば職業に幅が出るので、その辺りも考慮して学校を選ぶのも良い方法です。