不動産取引を行う時には土地価格も知っておこう

図面を見る男性

有効的な任意売却

銀行が債権者であって、融資が滞っている場合の担保不動産の処分は競売よりも任意売却の方が多いです。その理由は、経済合理性であって、任意売却の方が債権を回収できる金額が大きいからです。 債務者が行方不明のような場合には競売を申し立てるしか方法がありませんが、債務者と返済に関して話し合いができる状態にあるのであれば、債務者が自主的に担保不動産を売却して融資の返済に充当する方が、競売による回収よりも返済額が大きくなることが通常です。 更に、銀行にとってメリットがあるのは、担保不動産の売却を銀行の取引先などに案内できることです。債務者の同意を前提に銀行の取引先で不動産購入のニーズのある先に案内することがあります。

任意売却は債務者が担保不動産を売却するのですが、銀行のグループ会社である不動産会社がその手伝いをすることが少なくありません。債務者が独自に不動産会社を通じて売却することも可能ではありますが、少しでも高く売却できることが銀行にとっても債務者にとっても重要なことですので、銀行のグループ会社が協力するのです。 銀行のグループ会社である不動産会社には、銀行の取引先の不動産に関する情報が集積しています。任意売却で売り出される不動産が、銀行の取引先の購入ニーズとマッチすれば、その仲介をすることもあります。売買が成立すれば銀行のグループ会社には仲介手数料が入りますので、その点でも銀行にはメリットがあると言えます。