マッサージ

資格を取るための選択

理学療法士はリハビリをサポートする専門家です。その資格を取るためには大学に通うか専門学校に通うかとなります。社会人にも取得しようと目指す人もいまして、そのような人は仕事をしながら夜間コースで勉強していきます。

鍼灸

はり師やきゅう師を目指す

患者さんに鍼灸を施すためには専門学校等に通ってから国家資格を取得しなければいけません。西洋医学よりも簡単であるイメージが強いですが、人体の仕組みや病気の成り立ちなどに精通していなければ治療には当たれませんから、それなりの覚悟を持って挑むことが大事です。

コンテンツ一覧

施術

高い合格率に関して

理学療法士の国家試験に関しては、偏差値に関係なくきちんとした受験対策をしている学校が有利とされています。合格率で評価されている大学は全体的に見ても偏差値が高いとは言えないところもたくさんあります。偏差値と合格率は比例しないとされています。

女の人

医師のジム作業をサポート

医療関係では多くの仕事がありますが、医師事務作業補助も注目されている仕事のひとつです。医師に代わり、書類の作成や電子カルテの入力などの事務作業を行う仕事となっており、スクールで知識を学ぶ人も増えています。

男女

リハビリの専門家

理学療法士はリハビリステーションの専門家となる職業です。専門学校では理学療法士になるための授業を集中的に行うことができます。理学療法士のスキルのほかにもコミュニケーション能力や体力をつけることも大事です。

今後有望な医療事務資格

レディ

お医者さんのサポート役に

就職に直結する資格として医療系資格は人気です。事務系では医療事務が有名ですが、最近医師事務作業補助という資格も人気が高まっています。医師事務作業補助とはどういう資格というと、この医師事務作業補助者の主な業務内容は、医師に代わって診断書やカルテを作成することです。診察や手術などで多忙な医師が、診療・診察に集中できるように補佐をすることがその目的になります。平成20年度の診療報酬改定により、急性期医療を担う病院では医師事務作業補助者を設置すると診療報酬の加算対象となるようになるなど、近年国が設置を推奨している資格です。今後、需要が増加する見込みですが、有資格者の数が比較的少ないため将来有望な資格と言えるでしょう。医療事務の主な業務内容は、診療報酬を計算し「レセプト」を作成することです。また、病院窓口としての役割を担うため、患者さんとのやりとりが中心となります。一方、医師事務作業補助の場合は、名前の通り医師の事務作業をサポートすることが主な業務です。患者さんとのやりとりはあまりなく、医師の指示を仰ぎながら書類作成をすることがメインになります。この医師事務作業補助の資格取得には、試験に合格したあと就職先の医療機関で研修を受ける必要があります。試験は、通信教育の標準学習期間が4ヶ月で合格率は50%前後と比較的挑戦しやすい難易度と言えます。研修については、6ヶ月以内に32時間以上受けることが必要となります。